シュークリーム

シュークリーム
16世紀、フランス王の結婚式の為にフランスに渡ったイタリア人のシェフにより、創られたと言われているデザートです。多目的なこの生地は、シュークリーム、 コーコンブシュ、 エクレアとしても有名です。軽くて、美味しいこのデザートは、世界中によく知られているお菓子です。 ステップが多いので、 大変そうに見えますが、 例えば、クレムパット と ホイップクリームを 前日に準備し、 ショーは当日焼くことも可能です。

生地の材料
A
水          125g
バター           50g
塩           1g
砂糖           3g

中力粉       75g (篩っておきましょう)

溶き卵            120g

作り方
(1)ベーキング トレイにバターを薄く塗り、 冷蔵庫で冷やします。

(2)材料Aを火にかけ、沸騰したら火からおろし、 小麦粉を一度に入れ、 素早くかき混ぜます。 ポール状になったら、 再度火にかけ、 中火で1分程、 水気を飛ばします。それから、 スタンドミキサーで湯気が出なくなるまで高速で混ぜます。

(3)溶き卵は数回に分けていれて、中速で混ぜ、硬さ加減を見ながら、 徐々に加えます。 スプーンですくった生地が、 V字型に落ちる程度の硬さです。
”卵は、使い切らないこともあります”

(4)絞り袋に生地を入れます。 冷やしたトレイに5㎝ (3cm) の大きさに絞り、 3㎝くらい間隔をあけます。
180C のオーブンで40-45分焼きます。(大8個、 または 小16個分)

クリームの材料  (Crème Patisserie)

牛乳           300g
バニラ         小さじ1
砂糖                     10g
E
卵黄                 80g
片栗粉            15g
砂糖                        30g
中力粉                15g

ソフトバター     20g

作り方
(5)材料Eは、 ボールに入れ混ぜておきます。 材料Dは湯気が出るまで火にかけます。E材料のボールに、 泡立て機で混ぜながら、材料Dを少しずつ加えます。再度鍋に移し、 火にかけ、 中火で約2分程熱し、 小麦粉に火を通します。2分後、 クリームは、軟らかくなっています。バターを加え 良く混ぜましょう。

(6)(5)のクリームをこします。浅い容器に移し入れ、膜ができないよう、ラップを直接クリームに触るようにかけ、 冷蔵庫で冷やします。

クリームの仕上げ

ホイップクリーム      200g
粉砂糖                                        40g
バニラ                             数滴
H
粉ミルク           大さじ1

”仕上げ用、粉砂糖    大さじ1”

作り方
(7)スタンドミキサーに 材料Gを入れ、 ソフトピークになるよう泡立てます。 その半量は別のボールに移しておきます。
スタンドミキサーにある半量に、粉ミルクを加え、 硬いピークまで泡立てます。このホイップクリームは、12番のノズルの絞り袋に入れておきます。

(8)(6)のクリームを冷蔵庫から取り出し、 泡立て機で軟らかくしておきます。 それに最初の半分ホイップクリームを混ぜます。

組み立て
(9) 半分よりやや下に切り目を入れ、 下半分にクリームをスプーンで入れ、 その上にホイップクリームを絞ります。上半分を乗せ、 粉砂糖を振りかけます。 頂くまで冷蔵庫で保管しましょう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.